Topics

Love for Japanについて

東日本大震災により被災した青少年が、震災により受けた心の傷を少しでも癒やし、将来に希望や夢が持てる力が湧いてくるようなサポートが出来ないかと、岡山出身、イタリア在住のオペラ歌手である阪本清香さんが発起人となりスタートしました。異文化体験を通して、災害で受けた心の傷をケアし、将来に希望が持てる力を養うことをコンセプトとし、イタリア、マルケ州アスコリ・ピチェーノ県アスコリ・ピチェーノ市の協力の下、青少年たちを同市のボランティア・ホスト・ファミリー先でのホームステイ実施を目的としたプロジェクトでした。

 

 しかし、2012年エミリアロマーニャ大地震などをきっかけにイタリアの経済状態が悪化し、復帰の兆しがが見えないために、当初掲げていたプロジェクトの遂行が難しくなりました。そこで2013年から、被災した青少年の支援という当初のコンセプトに基づき、集まった寄付金を坂本龍一氏らが発起人となったプロジェクト“こどもの音楽再生基金”へ寄付する形へと移行しました。

 

 2014年8月の“こどもの音楽再生基金”の活動が終了後から、現在はNPO法人カタリバが震災復興の教育支援として運営するコラボ・スクールへの寄付を行っています。

 

 活動を続けていくことこそが「あの日を忘れない」を私たちなりに形にしたものだと信じて、皆様にはこれからも引き続き応援くださいますよう心よりお願い申し上げます。

東日本大震災復興支援チャリティー

Love For Japan ラブフォージャパン

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now